CAN-Cの作用機序とは | ペットの白内障に効果的なCAN-Cを手元に備えておきませんか?

CAN-Cの作用機序とは

積み重なっている種類の違う薬

今まで手術でしか治療できなかった白内障を、点眼薬で治療できるようにしたCAN-C。
症状を遅らせるでもなく、確かな治療効果を発揮するCAN-Cは非常に画期的な白内障治療薬です。
CAN-Cが手元にあれば、ペットが突然白内障にかかってしまっても症状が悪化する前に速やかに治療をすることができますよね。
しかし、その効果はどのようにして発揮されているのか知っておきたいと考えている飼い主さんも中にはいると思います。

既に説明しているように、白内障は目の水晶体のタンパク質が変化し、水晶体が白く濁ることによって引き起こされます。
本来なら体内にはカルノシンという酸化防止作用を持つ物質が存在しているのですが、加齢と共にカルノシンが減ると酸化を抑えることができなくなり、水晶体の中のタンパク質が変化してしまいます。
つまり、白内障は加齢と共にカルノシンが減少することで引き起こされるということになりますよね。

CAN-Cに含まれているNアセチルカルノシンという成分は、目の中に入ると水晶体の酸化を防止する効果を発揮してくれます。
また、Nアセチルカルノシンはカルノシンのかわりに働いてくれるという効果もあり、減少したカルノシンのかわりに酸化が進行するのを抑えて修復する効果も発揮してくれます。
このような効果で白内障の症状が進行しないようにし、治療効果も発揮してくれるのです。
少しでもペットの身体に負担がかからない方法で白内障を治療したいと考えている飼い主さんは、ぜひCAN-Cを使った治療方法を選びましょう!