老化でかかりやすくなる

色の違う錠剤

有名な目の病気といえば

大切な家族の一員であり、さまざまな仕草で癒してくれる大切なペットである犬や猫。
犬や猫と長く一緒に生活をしていると、人間と同じようにだんだんと老化現象が見られるようになっていきますよね。
ペットに何らかの老化現象が見られるようになると、今まで以上にペットが過ごしやすい環境になるように気を使うという飼い主さんも大勢いることでしょう。
老化と共に見られる現象や症状はさまざまなものがありますが、その中でも有名なものといえば、白内障ですよね。

人間と同じように、ペットも老化が進んでいくと白内障になってしまう可能性が高くなります。
この白内障、ただの老化現象として考えている飼い主さんも結構多いのではないでしょうか。
そのため、飼っているペットが白内障になってしまっても、「老化現象の一種だから……」と諦めてしまっている人も結構いるのではないでしょうか。
長らく老化現象の一種として考えられてきた白内障ですが、実際には老化現象ではなく、立派な目の病気です。
高齢になるとかかりやすくなるため、飼っているペットの老化が進んで高齢になってきた場合は、白内障に注意しなくてはなりません。
今まで白内障を老化現象と考えて特に対策などをしていなかったという飼い主さんは、今からでもいいので白内障に備えて対策を用意しておくことをオススメします。

白内障の症状とは?

目の病気の中でも、かなり有名なものの一つである白内障。
老化が進んでいくと共にかかりやすくなる白内障ですが、そもそも白内障とはどのような症状がある病気なのか、飼い主さんはご存知ですか?
白内障という病気の名前と代表的な症状は知っているけど、詳細までは知らない……という飼い主さんが圧倒的に多いのではないでしょうか。
共に生活しているペットがいつかかかるかもしれない白内障、これを機に、白内障の症状について詳しく知っておきましょう。

白内障という病気は、目の中にある水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。
水晶体は目の中に入ってきた光を屈折させ、網膜に光を届ける働きをしているため、本来なら透明である必要があります。
しかし、白内障によって水晶体のタンパク質が変化すると白く濁ってしまい、網膜に十分な光を届けることができず、視力の低下を引き起こすのです。
白内障の恐ろしい点は進行するとどんどん視力が落ちていき、最終的には失明してしまう場合があることです。
また、ブドウ膜炎や水晶体脱臼、緑内障などの激しい痛みを伴う病気を続発する場合もあるため、少しでも白内障の症状が見られたときは速やかに治療を行う必要があります。
毎日のペットの様子を観察し、柱や壁によくぶつかったりするようになったときは速やかに治療を開始しましょう。

白内障に対して効果的

ペットの白内障を治療するには、手術を行うのが一般的だといわれています。
確かに手術をすれば根本的な部分から白内障を治療することができますが、高齢になってからの手術はペットの身体にかかる負担が大きくなってしまいますよね。
たとえ根本的な部分から治療できる方法だとしても、やはり不安を感じてしまう人は多いはず。
ですが、現在の白内障は手術以外でも治療することができるようになっており、その治療薬がCAN-Cという目薬になります。

CAN-Cはペットだけでなく人間にも使える目薬で、白内障に対して治療効果を発揮します。
従来の白内障の目薬といえば、白内障を予防する効果や症状の進行を遅らせるものが中心でした。
しかし、CAN-CはNアセチルカルノシンという成分が配合されており、この成分の効果によって白内障を改善、治療してくれるのです。
海外製の目薬となると不安になってしまうかもしれませんが、CAN-Cは臨床試験を何度も繰り返しており、90%以上の確率で視力の回復が見られたと報告がされています。
既にアメリカでは白内障が治療できる点眼薬として特許を取得しており、その効果は確かなものであることが証明されています。

手術で白内障を治療するよりも、CAN-Cを使って白内障を治療するほうが、ペットの身体にあまり負担をかけずに白内障を治療できますよね。
突然の白内障にも対応できるように、CAN-Cを購入して手元に備えておきませんか?

CAN-Cの作用機序とは

積み重なっている種類の違う薬

手術でしか治療できなかった白内障を、点眼薬で治療できるようにした画期的な薬であるCAN-C。非常に頼りになる目薬ですが、白内障に対してどのように効果を発揮するのでしょうか。CAN-Cの作用機序について調べました。

[read more...]

人気記事

水色の錠剤

「ペットの白内障に効果的なCAN-Cを手元に備えておきませんか?」の人気記事です。

[read more...]